ヒットにヒットを重ねていて私の周りでも「面白かった!」と絶賛の嵐が吹き荒られているヱヴァンゲリオン新劇場版:破。フィギュア界隈においてもそろそろリリースラッシュが始まるわけですが、スケールモデルではその第1弾ではないでしょうか?



ヱヴァンゲリヲン新劇場版 破 真希波・マリ・イラストリアス[AA]レビューです!






新劇場版からの新ヒロインであるマリですが、特徴あるそのキャラクターが結構評判で「本部がパァじゃん」「いいにおい」などの特徴的なセリフまわしなんかが結構印象的なんですが、破ではまだまだ不完全燃焼なところがあって今後Qから先でどのような活躍をしてくれるのかが非常に楽しみなキャラクターです。

で、これまで雑誌の付録でフィギュアがついてたりしたんですが、今回ついにスケールモデルがバンダイから登場です。特徴的な赤渕メガネがキリっとした顔に映えてます。





意外とおっきいおっぱいは、ぶっちゃけ劇中でボインと揺れます。まぁどのシーンかは見てる人はすぐわかるとおもいますけども「(気持ち)いいっ!」といいながらプルンと上下に揺れちゃうんですねー。もうギルちゃんたまらなかったですよあのシーンは!w





まぁざっと見ていただきました。ただ出来はどうだというと、細かいところについて残念なところが多すぎていやはやという具合。



まぁこんな具合にですね、塗装のムラとかそういう以前に雑なんですよね。裾のモスグリーンのラインが汚くはみ出たりしてるのがもうなんていうかレビューする気半減させるというか、なぜレビューしてるかといったらマリが好きだからというその1点のみだったりするのかも。さらに言えば右手の親指と人差し指と手の平がどう見てもくっついてるあたりを言ってしまえばね・・・まぁ値段がここ最近の市場価格と比べて安めだった時点でまぁ贅沢言うなってこった?いやそれで納得はできないですけども。

んで、さらに理解できないのがなぜか股下から両下肢が分離するんですよね。いやこれコレクションフィギュアじゃないよねと・・・製造コスト的な問題かしら?台座に補助具などが無いので足がちょっと不安定。ふとした表紙で落としたら胴体だけどっかに吹っ飛んでくばらばら肢体事件状態になることもまぁありそうよね。

だから一応この子もキャストオフはできるんです。
無論、下肢が外れるのとはあまり関係ないんですけどね(構造的に)




この衣裳だとキャストオフ姿がエロっちい(カッターシャツ+ネクタイ+パンツだもん)んだけど、キャストオフしても色移りしてたり、それ以前になんつーか純白パンティーになぜか黒い汚れがあったり、やっぱり塗装が雑だったりしてなんかなーという感じ。



まぁ結局のところエヴァ熱が冷めぬうちに遠くから眺めておくにはちょうどいい程度のレヴェルと思っていただければと思います。つーか塗りは一緒に写ってるニュータイプの付録のほうのほぼ同じ格好したほう(海洋堂製作)がよっぽどいいんですが、コレフィギュの塗装に負けるってねぇ・・・まぁこの後の2種類のプラグスーツver.のリリースに機体はしてみようと思います。ピンクスーツver.もバンダイ制ですがお値段がそれ相応しますし、シリーズとしては異なってるのでちっとはマシなもん持って来るんだと思いたいところです。