今日31日、「暴れん坊本屋さん」シリーズで世の書店員の心を鷲づかみにした久世番子先生の最新作、「番線」が今日発売になりました。


いやぁ久しぶりに番子さん(表紙の)見たわ〜。お帰りなさいという感じ。前作の「暴れん坊本屋さん」は今や書店員の基礎バイブルみたいなものになりつつあるし、中には「暴本読んで来ました」というバイトの面接に来た子もいるほどwそんな番子さんの新しい作品は、書店の中だけでなく、主人公は「本」ということ。本に関わる様々なことについてイロイロと面白おかしく語ってらっしゃいます。

自宅の本棚に入りきらない!とかはもう他人事じゃないので笑いながらも「どうしよう」とおもってたりするんですけどねw