鈴鹿スカイラインが3年ぶり開通 紅葉の季節、地元に期待感 - 中日新聞

大雨でずっと通行止めだった鈴鹿スカイラインが昨日から走れるようになったというのを聞いて、こりゃ明日は休みだから走りに行かなきゃ!紅葉シーズンだし!とか思ってたんですけれども、今日起きてみたらすでにお昼余裕で過ぎてたという悲しすぎる現実に絶望を覚えそうになりましたね、えぇ。まぁあれだね、一晩中ワルロマ進めてりゃー寝坊もしますわな。

そんな中、とある情報を得て急遽名古屋へ。

resize10674

美少女文庫の11月新刊試験販売がはじまりました。しかし2ヶ月連続で水曜開始は予想外。

今回の注目はフロントウィングのジブリールのシナリオライターでもあり、ファンタジア文庫の「だから僕は、Hができない」シリーズの作者でもある橘ぱん先生が、美少女文庫に参戦です。「初恋巫女姉妹 色に出にけり我が変は[AA]」。サブタイは読んでみるとあぁ納得といった感じです。ていうかとりあえず帯の「ここなら僕もHができる」っておい編集www
話としては数年ぶりに再開した神社の従姉妹姉妹と夏休みの間暮らすことになり、社殿で「姉妹の考えてることがわからない!教えて!」とお祈りをしたら、姉妹のエッチな願望が彼女たちの素肌に、発情した時だけ浮かんで見えるという特殊な能力が備わってしまい、姉妹の意外な願望に驚きながらも思春期真っ盛りな主人公は結構ノリノリで・・・というお話。もともとエロゲのシナリオライターでもある橘さんなのでエロテキストは期待通りですけれども、「だから僕は、Hができない」でもおわかりのとおり、エロギャグにも期待できる内容です。何度コーヒー吹いたことか。橘さんのテキストに触れたことある人ならとりあえず抑えておいたほうがいいと思いますよ。

その他、河里先生はえすかれ枠「放課後クラブ」シリーズ最新作を投入。今回は主人公が特殊能力でいろんな「モノ」に変身しちゃう「放課後へんし〜んクラブ[AA]」です。パンツに触手にスライムなんでもありやりたい放題です。美少女文庫では「スライム」とか「触手」みたいないかにもファンタジーなものが出てくるのは珍しいですので、変わった趣向のものを読みたいファンは是非とも購入を検討されてみてはと思います。帯の通りやりたい放題ですw

もう1冊は巽先生の「世界でいちばんおバカな姉妹!?[AA]」。ひさしぶりにみついまなさんとのコンビです。このコンビだと「お姉ちゃんはSサイズ」「妹はLサイズ」、あと「あねきゅん」もありましたね。このコンビは非常に好きなタッグです。それにしても今回は、美少女文庫史上最も「残念」な姉妹が登場したといっても過言ではないでしょう。性に疎い姉妹がおたがいのアソコを見ながらこれは何の穴なのかについて真剣に風呂場で語り合い、挙句主人公を拉致してやりたい放題。おまけにホントに残念な頭な妹のほうの残念ワードがいちいちギルの頭の脳内宇宙を揺さぶってきて脳内宇宙が再構築されそうなレベルでもうとにかくヒドい(褒め言葉)です。

今月のタイトルはどれもパワーがあります。迷わず全部買っちゃえばいいと思うよ!

んで、この査収のついででいくつか購入ブツが。

resize10673

おっぱいエクスプローラー・・・もといカミカゼ☆エクスプローラー! ビジュアルファンブック[AA]が発売してたのでゲット。いやぁ、とりあえずこの本用の描き下ろしのピンナップ(ポチとニャオ)がエロすぎてヤバイです。帯で紹介されてるそのイラストは一部修正が入ってるんですが、それが取り払われたピンナップ自体はいろんな意味で限界に挑戦しすぎてとにかく、とにかくエロいです。簡単にいうと使えるね!(ぇ
巻末のスタッフインタビューもおもしろいですよ。ヒロインたちのおっぱいについてのところとか笑わずにはいられないですw とりあえずおっぱいエクスプローラー買った人は必見の1冊です。
あとは久しぶりにエロマンガも買いました。ラブマチオ[AA]。これねー、久しぶりにヒットだわ。表紙がおおよそすべてを物語ってます。お口の使い方っていろいろあるのねっていうのとヒロインの表情の艶っぷりにも注目してもらいたい所ですねー。