さーて、もう9月ですよ。コミケからもう2週間。

ギルはやっと疲れが取れた・・・ような気がする感じです。

そして月の変わり目は美少女文庫の試験販売の時期でもありまして。

resize10572

「僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!」はもう書いたので残りの2冊になります。あ、今月は3冊のリリース。当初は水無瀬さんが出す予定だった「お兄ちゃんのこと好き好き大好き好き好き」の続編が延期になり、作家本人も驚きの繰り上げ発売となったのが「僕と契約して〜」だった模様。

んでー、その9月新刊は中身のインパクトとしてはこちらも推したい「剣士と子づくり♥ [AA]」3人の剣を極めた娘たちと子づくりしまくるお話なんですけれども、主人公の父親が出向いた先で口約束した許嫁の話が実を結んで一気にその許嫁たちがやってきてしまい、主人公の股間の銘刀「備前長船長光」が唸りを上げて剣士娘たちをヒィヒィ言わすというお話。主人公は佐々木小次郎の血筋で、ヒロインたちは宮本武蔵の血筋と柳生十兵衛の血筋と異国の騎士娘です。父親が息子の息子に名前をつけるという、とてもシュールな序盤がから始まるものの、息子の息子の銘刀っぷりにヒロインたちが恐れおののき虜になっていくところがポイント。特に最後にやってきた千景のデレっぷりが半端なく、初夜の翌日に「肉奴隷にしてください」はコウカバツグンダトオモウンダハァハァ

無印のほうからはみかづき先生の「白銀の騎士ガール」。ピンヒロインものです。表紙にはもう一人居ますがそれ主人公です(ぇぇぇぇぇ
ある日突然やってきた昔なじみの騎士娘と同棲をはじめるお話。こっちは主人公を本気で護りにかかってます。ただ実はいうと危機が迫ってるのは騎士娘のほうなのですが、主人公とイチャラブしながらどう乗り越えるのかというのがポイント。ちなみに主人公の事を姫と呼び(名前が和姫-かずき)であり、姫に忠誠を誓い、姫の言うことならなんでも聞いちゃうといういいなり騎士娘ですので、主人公が冗談半分で言ったお願いも「御意」と実行して逆に主人公がたじたじながらも(;´Д`)ハァハァしてしまうというハイスペックな騎士娘に要注目です。

これ、続編出てもいいんだけどなぁ。ちょっと期待しちゃうんだけどなぁ(終わり方含めて)

んで、今日はキルタイムのほうも発売が続いてて

resize10571

二次ドリ文庫からは妹のリップバージンはお兄ちゃんのもの![AA]。こちらはピンヒロインかとおもいきや主人公のクラスメートも登場。しかしそのー、なんというかデスね、まさかまさかの妹がレズビッチというところでなんというか・・・できるだけおすすめしようと思ってブログに上げてはいるのですが、賛否両論になるのは間違いないかなーと・・・うん。

同じキルタイム発行のあとみっく文庫からは僕のパーティーが修羅場すぎて世界が救えない[AA]。これはあとみっくのいいところを全部詰め込んでライトなほうに近づけてるところがとくにオススメなポイント。基本的には主人公との営みが筋ですが、序盤で勇者なヒロインが的になぶられてみたり、終盤ではまさかの仲間割れでふたなり織り交ぜの乱れ交わりでこれはファンタジックなあとみっく文庫的にかなり秀逸な作品に仕上がっているんじゃないでしょうか。おもろエロかったですよー

・・・そういや名古屋まで行って結局エロラノベしか査収してない件