20日に9巻がリリースされた石踏一榮氏の「ハイスクールD×D」。著者自らおっぱい好きを公言してらっしゃいます。

私も新刊が出る度に「この物語りは大体おっぱいで語り尽くせる」と冗談混じりで紹介していますが、9巻を読んで確かなおっぱいを感じとることができました。

じゃあどれくらいおっぱいなのだ?という疑問が浮かんでくるわけですが、丁度いいおっぱいデータがここにあるのでちょっと紹介したいのです。

この9巻のクライマックスで「おっぱいドラゴン」「乳龍帝」と呼ばれている主人公で赤龍帝なイッセー君は更なる進化を遂げるのですが、まさにその進化を遂げようとしている重要なシーン、ページ数でいうと丁度300頁のこのわずか1ページで、

「おっぱい」

この単語が

32回も登場している。

私も正直びっくりしましたよ。
ページをめくるとそこは一面おっぱい畑だった。
まさにおっぱい(AA略

アニメ化企画も進行中の「ハイスクールおっぱいドラゴン」(略してHOD)は来月コミックもでちゃう要注目おっぱいです!