力丸乃りこ&友永朱音がポルカ村からお送りする、ドタバタ辺境ラジオ配信決定!

ロコナ「3月10日から配信開始だそうです隊長ッ!」
レキ「私にだって通じる冗談はあるぞ!」
ロコナ「まぁまぁ、これでも食べて落ち着いてください」

サッ

つ【グラタン】

レキ「グラタン・・・ぐらたんたん・・・たんたかたん」
ロコナ「あのー、よだれがたれちゃってますよぉ」
レキ「じゅるり・・・(=M=)」



 楽 し み す ぎ る 件 ! (挨拶)


というわけで、市内巡回中に訪れたこの吉報に思わず驚きが鬼なったギルではありますけれども、来週木曜日から更新開始だそうですので、これはもう首を長くして待たざるを得ません。

んでそんな今日この頃ですが、名古屋の各ショップにまどか☆マギカのコミック単行本1巻の補充が再び入ったようで特典もつけつつの販売をしていました。また、まどか関連の同人誌で先日店頭で見かけたけど数日後に行ったら山積みが消えてた「魔法少女になりたいな」「キュウべえに学ぶ営業テクニック」が共にメロンブックスに再入荷してたので併せて買ってきました。写真撮り忘れたので同人2冊は省略しますね。んで、先日発売して瞬殺だったねんどろいど桐乃がジーストアに1個ありましたが、貰い手は無事現れたでしょうかどうでしょうか。

まぁもともと今日は入荷数が少ない日ではありますので本に関しては話題はとくにありません。アキバでアイドルマスターブレイク(4)限定版が発売になったようですが、一応発売日設定は4日になってますので名古屋には入荷はしてきていませんでした。明日朝一でアニメイトに寄ってから仕事に行こうと思います(^^;

んで私が今日買ったのは

IMG_2473

マクロスFの新しいウエハースが出てたので買ってきました。
ひとつ空けましたが、相変わらずアルトしか出ないくじ運の悪さ(先日ガチャのスイングもバルキリーのアルト機だった)ですよ。

それから最初にちょっと触れましたが

IMG_2474

まどか☆マギカ単行本の再入荷分、メロン・ゲマズ・とらなどは割りとたくさん入ってたんですけれども、ワングーが若干数しかはいってこなかったらしく、私がおやつの時間くらいに行ったら数冊くらいしか無かったので思わず買ってきました。特典のポストカードが表紙絵使ってるんですよね。正直描き下ろしよりもこういうののほうがありがたいと思うギル・エールであります。んで、その横は先日私はAXLバージョンのLyceeを買ったんですけれども、ゲーマーズ限定販売でアルエの立ち絵があしらわれたスリーブが売ってたので買ってきました。アルエー


んで、今日一番のメインテーマが美少女文庫の試験販売。
そろそろだろうと思ってましたが、やはり本日から開始。アキバなどでももちろんはじまってるようです。3月は4点リリースですが、わかつき先生の「Myメイド 洋館の女中さん」は試験販売無しでリリースするようです。とはいってもこれまでもそうですが、わかつき×みやまコンビのMyシリーズはほとんど試験販売は無かった(つまるところ美少女文庫内では鉄板タイトル?)のでいつもどおりと思ってもらえればよいかと思います。しかし3月刊行分もこれかなりイイ感じだとおもいます。

IMG_2475

まずは青橋先生「妹は電波系」。妹ものといえば先月の「お兄ちゃんのこと、好き好き大好き好き好き」が病んデレのベクトルが振り切れてすごいと話題になリましたけれども、こちらは電波の具合が完全に振り切れているうえにあと腐れなく初っ端からエロのオンステージです。おまけに妹ですがロリ巨乳の属性持ち、これは今年間違いなく美少女文庫にロリ巨乳のビッグウェーブがキてるんじゃないかと思っているのですが、あらすじとしては「私は実は言うと異世界人で108の前世があってその全ての前世でお兄ちゃんとつきあってたからエロいことしようよ、ていうかしてるし」みたいな感じです(省きすぎ

そしてもう片方、みかづき先生の「先生と結婚シテして♥」。個人的には待望の先生モノです。過去作「センセイは俺の嫁」が非常にお気に入りのギルですので、みかづき先生はまたきっとこのテイストで仕上げてくださっているだろうとタイトルを見た時点でビビッと感じましたけれども、ナイス!ナイスです。「売れ残りはやだよー。草食系がなによー肉食系バッチッコーイ」とか酔っ払って愚痴りながら歩く女教師を偶然通りかかって見つけた男子生徒がなりゆきで介抱することになり気づけば結婚を前提にお付き合い?!なお話です。しっかりもののお姉さんもいいんですけれどもこういうダメなお姉さんもまたいいですよね。たまらないです、ハイ。

んであともう1冊、こちらはファーストインパクトが絶大。

IMG_2476

タイトルが「私立ふんどし学園」。羽沢先生ェ・・・
帯には『パンツじゃないから恥ずかしくないもん!』

確かにパンツじゃないけどさっ!w

んで、タイトルから推察すると制服としてふんどしの着用を義務付けてる学園のお話なのかなとか思ってた頃もありましたが、すいませんあまりにも想像力が乏しすぎました。長年ふんどしに封印されていた悪魔がふんどし好きの主人公によって封印を解かれ、封印から解放された悪魔がそのお礼にと主人公のふんどし趣味を叶えるために身近な人間からどんどんふんどし化させてエロエロふんどしライフだぜ!というお話なんですけれども、えぇたしかにあらすじ自分で書いてもちょっと理解が追いつかないんですが、主人公が「なぁ・・・ふんどししようや」みたいなノリでふんどしを履かせてふんどしエッチを容赦なく断行していくところに、「あー、これえすかれだったわ」と後になって思い出したレベル。とにかく色々カオスな次元を飛び越えてます。主人公の変態っぷり・・・いやフンドシスト(ふんどしに命を懸ける男のことをいう)っぷりについては

「裸エプロンじゃなくてふんどしエプロンがいい」

というこの主人公の判断力ひとつとっても見事なまでのフンドシストを体現していると思います。フンドシイズフリーダム。ノーフンドシ、ノーライフ。