10月開始の秋アニメが放映開始から1ヶ月が過ぎ、そろそろ人気の具合が知れてる頃じゃないかと思います。書店の売場的にもさぁどんとこいという具合で10月頭に品揃えを揃えに揃えた売場内でどのタイトルが欠品だらけでどのタイトルが惨敗残りまくりかというのがわかるわけで、そんな書店の売場の中にあってどのアニメが人気があるのかというのもある程度はかることが出来るわけで、私の店はアニメ専門店ではなく一般的な書店ですから若干一般ピーポーのほうにベクトルがずれそうかなと思ったりもするのですが実際見てみるとそうでもないのでぜひとも人気をはかるうえでの参考にしていただければなと思いまして

2010年10月開始秋アニメの人気を書店の売場的に考察してみたいと思います。

ひさしぶりにこの企画を書くものですから、それにあたっての集計とか計算とかどうやるんだったっけとか思い出しながらでしたが今回もいい味のデータがとれたんじゃないかなと思います。

調査方法は「アニメを見て原作を買っていただいた」という点をこのランキングでは非常に重視しておりますので、各タイトルの1巻のデータを引っ張り出してきています。書店で取り扱っているものに「原作」が無ければ対象外です。また、今回は夏からの継続タイトル(2クール目)も対象外です。一応データは取りましたがみごとに前月比が割れてますので参考にすらなりません。

今回は10月の1ヶ月のデータを基にしています。

・販売冊数(pt)
1位のタイトルの販売冊数を1000ptとして2位以下は1位のタイトルの販売数に比例したポイント数を割り振っています。持ってきたデータは会社全体の数です。

・売上上昇比率(%)
9月の販売冊数と比べた10月の販売冊数の上昇率。増加率ではなく比率です。
前月と同じ冊数が売れていれば値は「100%」です。

・人気指標(pt)
(販売冊数)×(売上上昇比率)÷ 100 = 人気指標


ではさっそく、販売冊数から見ていきましょう。
【販売冊数(pt)】

1位:1000pt「バクマン。」
2位:759pt「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」(文庫)
3位:668pt「神のみぞ知るセカイ」

4位:654pt「それでも町は廻っている」
5位:624pt「GIANT KILLING」
6位:561pt「百花繚乱」
7位:535pt「侵略!イカ娘」
8位:447pt「心霊探偵八雲」
9位:444pt「荒川アンダーザブリッジ」
10位:381pt「おとめ妖怪ざくろ」
11位:365pt「えむえむっ!」
12位:351pt「とある魔術の禁書目録」(文庫)
13位:328pt「FORTUNE ARTERIAL」(角川AC)
14位:319pt「そらのおとしもの」
15位:258pt「咎狗の血」
16位:234pt「海月姫」
17位:119pt「ヨスガノソラ」
18位:*71pt「ToLOVEる」

ジャンプコミックスやはり強し。1位はバクマン。でした。
続く2位にラノベで俺妹がきておりますが、ラノベとしては大健闘の部類だと思います。放映当初はひと騒動ありましたが、私の勤めてる店ではようやく動き始めたところだったり。まだまだ動くと思いますよ。4位のそれ町は今のところ評判上々のようなので、それ相応の売れ方になっているかなと思います。また、ざくろやヨスガノソラは欠品期間が長かったこともあるので、冊数としてはあまり結果に出ておりませんが、もう少し在庫があれば順位も変わってたんじゃないかなと思いますけれども、まぁそのあたりは発行元の体力の良し悪しといったところまでこのランキングに入ってきてしまうというちょっと面白いデータになってると思います。

【売上上昇比率(%)】

1位:3000%「侵略!イカ娘」
2位:1036%「咎狗の血」
3位:539%「えむえむっ!」

4位:469%「神のみぞ知るセカイ」
5位:406%「海月姫」
6位:386%「それでも町は廻っている」
7位:381%「そらのおとしもの」
8位:313%「バクマン。」
9位:284%「ヨスガノソラ」
10位:263%「FORTUNE ARTERIAL」
11位:260%「百花繚乱」
12位:247%「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」
13位:225%「おとめ妖怪ざくろ」
14位:208%「GIANT KILLING」
15位:195%「荒川アンダーザブリッジ」
16位:195%「心霊探偵八雲」
17位:170%「とある魔術の禁書目録」
18位:111%「ToLOVEる」

この売上上昇比率を出すのは2回目なんですけれども、3000%とかいう数値見たことありません。なんですかこのイカ娘の大勝利な上がり方はw2位には咎狗の血ですが、こちらはどちらかというと女性向け(B'sLOG)ですので、メインターゲットな層からの評価が高くてコミックのほうにも注目していただけたのではないかなと思います。えむえむっ!はマニアな人たちにウケてくれたのであろうと。

こうしてふたつのデータを見ていただいてもこの2つの見方によって大きく作品への評価が分かれるということがよくわかるかと思います。そしてこのふたつの指標が数値とパーセンテージでありますから、ふたつをかけ合わせることによってまたあらたなデータとして参考にできるのではないでしょうかというわけで、最終的な書店の売場的に見たアニメ評はこうなりました!

【人気指数(pt)】

まずは6位から17位まで一気に!(この指標にはアニメのタイトルを入れてます。)


6位:1967pt「えむえむっ!」
7位:1874pt「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」
8位:1459pt「百花繚乱」
9位:1297pt「GIANTKILLING」
10位:1215pt「そらのおとしものf」
11位:950pt「海月姫」
12位:871pt「心霊探偵八雲」
13位:866pt「荒川アンダーザブリッジ2」
14位:863pt「FORTUNE ARTERIAL 赤い約束」
15位:857pt「おとめ妖怪ざくろ」
16位:597pt「とある魔術の禁書目録2」
17位:338pt「ヨスガノソラ」
18位:79pt「もっとToLOVEる」

ネット上で話題をよく見かけるタイトルが軒並み低調なようにも見えてしまいますけれども、書店の売場的にはこのような結果です。まぁヨスガノソラの大元はPCゲームですし、角川のコミックは品切れ期間が長かったですからね。特筆するとすれば新規ラノベ勢が健闘しているところも挙げれるでしょうか。また、そらおとが放送を重ねるごとにカオスが増してるような気がしますので、今後の数字が上がってくれるといいなと思っています。

ではTOP5!


【5位】2524pt

それでも町は廻っている 1 (ヤングキングコミックス)

「それでも町は廻っている」


冊数、上昇率ともに良い値がでておりました。作品の評価も上々のようなのでそれに見合った順位かと。



【4位】2672pt

咎狗の血(1) (B's-LOG COMICS)

「咎狗の血」


上昇率で非常に良い成績を残してこの順位となりました。
女性ウケがアニメでも良かったということでしょう。


【3位】3130pt

バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)

「バクマン。」


このタイトルはアニメ始まってからもよく売れてましたが、それ以前から安定して売れ続けていましたので、上昇率で伸び悩みました。コンスタントに売れ続けてもらえることを期待してます。


【2位】3133pt

神のみぞ知るセカイ 1 (少年サンデーコミックス)

「神のみぞ知るセカイ」


こちらは2つの指標でともに上位に入っていた結果この位置です。
バクマン。同様コンスタントに売れ続けてはいましたけれども、さらに勢いが増しているような感じを受けます。ガンバレ!



そして栄えある第1位ッ






【1位】16050pt

侵略!イカ娘 1 (少年チャンピオン・コミックス)

「侵略!イカ娘」


2位と5倍もの差をつけての

大☆勝☆利

と言っても差し支えないでしょう。ニコ動での再生数も群を抜いてますしね、書店の売場はもうイカ娘に侵略されつくしております。イカ娘ちゃんには今後も10本の触手で巧みにお客様を誘導していただければと思います。



というわけで、放映開始1ヶ月経過時点での書店の売場的なアニメ人気考察は、繰り返しますがイカ娘の大勝利という結果になりました。放映終了直後、つまるところ年明け早々に秋アニメのまとめを書く予定でいますが、今回の順位とどう変わってくるか、私も楽しみにしております。