萌特化書店員的コミックマーケット93参戦記 3日目

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
c93title

1日目はこちら / 2日目はこちら

地方民の憂鬱というのがありまして、上京してきている各々はよくおわかりかと思いますが3日間通しで参加かつ3日目終了後帰宅というケースの場合、2日目の夜にあらかた荷物をすべてまとめないといけないというのがあり、あまりゆっくりできないというのがあるんですよね。例にもれず私もそんな具合だったので夜のうちに荷物をまとめ、疲れからから、不幸にも、寝落ち。

…まぁ朝4時に目は覚めたんですけどね。なんかぐずぐずしてたら出発が6時を回ってました。
やっかいなのが、一度品川でロッカーにトランクを入れるというのを挟まないといけないというのがあってここで時間をロスするわけなんですが、ってなんですか?宅急便で送ればいいのではと?帰ってすぐ読みたいじゃん!!3日目の戦利品もトランクに押し込めれれば一般人に紛れて帰れるじゃん!!


というわけで並んだのがこの時間、東待機列はすでに閉鎖済みのため西に並ぶことに。8:45くらいからは尿意とも若干戦っていた兼ね合いで10:15くらいに東に到着した際にはまっさきにガレリアのトイレに駆け込んでいるというこの意識の低さ。

それでも久しぶりの3日目全力全開ということもありましたので


エスパーのような嗅覚で戦利品をあげていくさまに


えぇ。久しぶりにいい仕事ができた感ありますよ(ニッコリ
ホントなんで斬鬼楼さくっと査収できたのか(謎

まぁとにかくひさしぶりに人の流れから自然発生するおしくらまんじゅう大会やってきましたけども途中雨が降ったせいでいつもより揉まれる時間が長かったなぁというふうなのが率直な感想です。少雨だったので適度に外に逃げつつ移動はしましたけれども。あと絶対押さえたい所というのがそこまで多くなくて確保できそうなら確保するスタンスで臨んでるのでおおよそ満足できたかなというところです。ただ比村チャレンジはあと数人のところで失敗しましたので多分斬鬼楼で運使い果たした感ある。

というわけで3日目戦利品>>続きを読む

萌特化書店員的コミックマーケット93参戦記 2日目

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
c93title

1日目はこちら

というわけで続いて2日目、になるわけですがここ最近3日目にお手伝いしていたサークルが今回は2日目参加というわけでこの日はお手伝いにほぼ徹しました。毎回呼び込み&列整理のお手伝いをしているのですが、毎度いろいろとあるんですが今回はちょっと目に余るというか片側のお隣さんの列が開幕からずっと伸びてたのですが

・準備会スタッフさん列分けて壁際に移動させてパケットするの決める
→列の前のほう残して「列途中」札持たせて残りはすべて移動させる
→パケットが始まる前に卓前の先頭列がすべて捌けてしまう
→捌けたところに本来正しい最後尾(壁際)に並ばないといけない人たちが並び始める
→当該サークルの売り子が先頭列さばけた際に最後の人から渡された「列途中」札を掲げて最後尾を案内することもなくそのまま販売をし始める
→そのまま列が延びる
→この時点であきらかに対応おかしいと思って当該区画の準備会スタッフに列がおかしい旨を伝えるも列は伸びる。壁際の人たちはパケット送られてこない
→しばらくしてようやくパッケットが送られ始める。
→その後もう一回パケット列通しが来る前に卓前の列が捌けてしまう場面があったのですが、また並び始めた人たちにそのまま売ろうとしたの見かねて思わず「そこならんじゃダメ!最後尾壁側扉外!いまから途中列来るから!!!」と誘導する。
→その後はようやくなんとかパケット機能してた。
→完売したみたいなので隣気にしなくていいと思ったら昼過ぎにまた卓前に人が押し寄せる
→謎のじゃんけん大会発動

あーもうなんていうかですね、いろいろ言いたいことあるんですが、列伸びすぎてるから逃がしてるという状況で飛ばしの販売を平気でしようとしてるのがもうなんていうか一般側の気持ちとしてありえないんですよ。壁際に移動させられてる人たち完全にこれ時間ロスじゃないですか。搬入部数によっては売り切れてたかもしれませんし。準備会スタッフの人たちも今回はなんかピリッとしない(最初に列がおかしいとお伝えしたスタッフさんがキョトンとしてたのが一番ピリッとしなかった)というか列伸びたらこうします的な軽い打ち合わせも特に無かったですし。挙句別の準備会スタッフ途中でうちのスペース前方、私が呼び込み用の看板持ってる前(壁サなので養生テープ貼ってあるラインからは出ないように位置取ってるのでそれよりも通路側)で長いこと話し込んで塞いでくれてて私が注意するというのもありましたし、もうなんというか、なんというか、

毎度毎度、こういう経験値が貯まってしまうなぁこんちきしょう!
という具合です。

なんというか、隣のサークルのことなので別に気にしてあげる必要は本来無いのですが、どうにも目に余る状況でしたし、なんというか釈然としないなぁという感じでした。過去両隣のアナウンス含めて実質3つ分列の面倒見たこともありますがその際は両隣ならびに準備会スタッフさんとうまくコミュニケーションが取れてたのでノリノリで声出してましたが、今回は途中で「もう知らんわ」状態でした。
※あくまで個人的な気持ちです。自サークルの主宰は特になにも言っていませんので私のお手伝い先ご存知の方はその点お含みおきください。

あと、もうひとつ気になったのがなんかサークルスペース盗撮魔が出回ってたようですね。ここ最近会場内の撮影はサークル内の人たちを極力映らないような形であればお品書き札とかポスターとか撮っていい感じにはなってるはず(映りこんでしまう場合にはひと声かければいいと思いますが)ですが、カメラを高く掲げてあからさまにサークルスペース内をパシャパシャやって去っていく奴がいまして。あとあとTL見てたらほかにも目撃情報があったので同一人物だと思います。何がしたいのか意味が分かりませんが圧倒的マナー違反です。次回見かけたら注意しようかなと思うとります。

ちなみに自サークルは新刊既刊すべて捌けましたので撤収後速やかに肉の宴となりました。

というわけで、頒布が落ち着いてきた頃合いに休憩がてら少しだけ回ってきた戦利品>>続きを読む

萌特化書店員的コミックマーケット93参戦記 1日目

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
c93title

あけましておめでとうございます。
すっかり書かなくなってしまって等しいこのブログではありますが、
たまには書いてあげないと拗ねてしまうかもしれないので
久しぶりに書くネタもあることだし書いてあげようというところです。

とはいえ、ここ数か月はもうなんというか本業たる部分のところがあまりにも忙しすぎたせいでろくすっぽ趣味に手を出すことすらできてないのですが、なにしろ本業自体がコミックの仕入れ統括ですし仕事でマンガを読む状態なので何が趣味だったかもわからず休日に車を乗り回しつつ指揮官業に明け暮れる今日この頃です。

仕事自体はほぼほぼ楽しいのですが、本部と店の意思疎通ってなかなか難しいところがありまして、コミックの販促への手間に理解を示されないベテラン店長さんからの想定外のクレームに対応したりとか、コミックの売り上げが下がっていることに対する風当たりとか、そういったものもあったりして、そこからのメンタルリセットに結構時間がかかってます。

そういった具合でして、年に2回の強制メンタルリセットイベントたるコミケの時期がようやく巡ってきましたよというわけで。

今回も例年通り前日28日深夜発の夜行バス(JRバス)にて上京。今回のバス、年末年始用の臨時増便でドリームなごや92号という大きい数字の号車が設定されてまして、1階層で全席カーテン仕切りなうえシートもそこそこ良いやつということでしたが、シートに簡易の首あてというかまくら代わりのようなものがついていたので携帯枕いらずだったのがよかったですし、無理にシート倒さなくてもなんとかなるのもよかったです。ただ前の席のオッサンが一声かけずにシート倒してきたのが唯一のストレス。あのハゲに禿げ散らす呪いを就寝までかけつづけたのはいうまでもありません。

明朝東京駅下車後すみやかにトランクを駅のロッカーに預けたのちに新橋経由ゆりかもめにて国際展示場正門駅に到着したのが7時手前。7:10くらいに東駐車場に到着し5-5列あたりで列確定。


今回この位置が非常にしんどかったのが、出初式用のいつもの仮設建物が太陽の光をざっくり遮ってくれたおかげで、若干冷たい風が吹いていたなか寒さに拍車がかかった状態だったので、ここ最近足の冷えに拍車がかかりつつある身にはいろいろとしんどいものがあったりしました。あとなんかたくさんヘリ飛んでましたね。空撮っぽかったのでキー局の取材ヘリだったのかなというところです。

5-5という位置でもおわかりかと思いますが、開幕後初手(みりおんばんく&RETRO)にならんだのが大体10:30くらいというところです。このあと別途更新しますが3日目は東駐車場閉鎖後に到着のため強制的に西で並ぶことになりましたが、L字に折れた先の道路向こうのビル間に並んでても10:20手前には東まで行けてたのをふまえると初日でもあえて西に並ぶという先達の知恵はあらためて考えたほうがいいのかなというところです(これは並ぶ時間によるので多少意識高い系の到着時間を設定【始発直後】する場合ですが)。

開幕後は好きに動いてましたが


いやぁもうFGOの島やばかったですね。M前半列ちゃんと卓前行けたのそれこそ神通力かなんかの類を無意識のうちに使ってたんじゃないだろうかと自分自身の能力について真剣に話し合わねばいけないと思ったりはしませんが、まあとにかく島中サークルの列伸びを通路中央で尻切れトンボな列形成をひと島超えるレベルで作らざるを得ないところが複数あってそこの流れがまぁヤバイ。ひと苦労でした。大げさでもなんでもなく3日目のカオス感が出てましたね。

東をほぼほぼ落ち着けてから西の企業に行きましたが、企業ブースで勢いで買うようなものが無いというのが正直なところで、ゲームメーカーのコミケセットも結局なんか物置にそのまま行っちゃうようになってしまってるのですよね。なんとも物悲しいはなしではありますが。企業ブースの用事はどちらかというと出展している出版社ブースに知り合いの営業さんがいるか確認しつつ年末のご挨拶をするというのがメイン行事状態だったので、それだけ済ませてホテルに戻ったという具合です。

ちなみに今回ホテルがこれまでの定宿だった東横インからルートインに変わったのですが、大浴場がホント良いですね。疲れた体に大きな風呂ですよ。風呂上がりの牛乳もあるしマッサージチェアもある!おかげで夕方風呂から戻ってから4時間も寝落ちてて翌日サークル手伝いするためのサークルチケットの受け渡しをし損ねるところでした(なんとかなりました)。ビバお風呂。

そんな具合でしたが本日の戦利品。>>続きを読む

美少女文庫8月新刊試験販売開始。水龍敬ランドが美少女文庫に開園など

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
image


昨日28日は月末金曜ということで、プレミアムフランスデーでしたっけ?つまりフランス書院の美少女文庫の試験販売を買う毎月恒例、性府主導の性器刺激策だったよねということが私の中で話題なわけですが、どうよこのキャッチコピーそろそろ使ってくれませんかね編集部の皆様。こんなキャッチコピーつきの感想文を営業さんに送りつけたらドン引きもいいところだよ!(まだヤってません)

落ち着こう。落ち着こう自分。というかそもそも月末金曜はプレミアムエロゲの日もとい月末エロゲの日じゃないですか。

というわけで長い前おっきになりましたが昨日美少女文庫の8月新刊試験販売の開始を確認して買って帰ってまいりました。8月の新刊はイカの3点です。

「僕とエルフメイド姉妹の三人暮らし」
著:青橋由高 絵:やんよ
今月他の2作品が同人原作なのもありオリジナルのベテラン作家さんがどっしり構えているあたりに安心感があるわけですが、個人的にいうと青橋先生の作品については美少女文庫界の純文学(美少女文庫比)だと思ってますので安心して読めますが今作も例には漏れず。
前作6月刊の龍神姉は上半期ベストの呼び声高い(と私の中で評判)あまあまな作品でしたが、今作ははやくも下半期ベストの呼び声高い(と私ry)ツンあまな、しかもエルフでメイドで双子姉妹ときたらもうあなたこれは練乳いちごミルク氷レベルの最強掛け合わせだと思うんですよ。ね?
話としては養父が亡くなり遺言で莫大な遺産を継ぐことになった主人公は、相続に際して叔父のもとにいくことになっていた「客人」の双子姉妹を、相続する遺産の大半をはたいて叔父のもとへいくことを阻止して姉妹を自由の身にしたものの、その後新しい住まいに移っても姉妹も一緒についてくることになり、そこからひとつ屋根の下、なぜかメイド姿になった姉妹と過ごす日々になる感じのお話です。愛のある罵しりって、いいよね。って感じですよ。いやぁもうとにかくあま〜い感じに仕上がってます。イラストはやんよ先生、、、あ、今ギャルの作者さんじゃないですかあああ何、なにこの組み合わせ、私を殺しにかかってますね?!!(褒め言葉)
挿絵もぐうシコバジリスクタイム余裕、とにかくこの相乗効果しか生みようのない約束された勝利の方程式は買わざるを得ない、買うべき、買うべしです。買うべし。

「おいでよ!水龍敬ランド ビッチとスケベなパレードデイ」
著:上原りょう 絵:水龍敬
少し前に水龍敬先生が挿絵を描かれた時から「そのうちありそうだな」とは思ってましたが美少女文庫についに上陸しちゃいましたね水龍敬ランド。上原先生もノベライズ担当がちょいちょい増えてきてますが橘さんも嫌な顔もテイスト合わせるのが本当にうまいですよね。そんな組み合わせですので、非常に良い具合に水龍敬ランドが開園大盛況なのはいうまでもありません。とても、良いものになってます。真面目ビッチも隠れビッチもロリビッチもビッチもそろったまさしくビッチ界のバイブル。
これあれですかね、メロンブックスとかとらのあなで同人原作との同時購入フェアやりますかね?喜んで買わせていただきます。
いまさら説明も不要でしょう?水龍敬ランドですもん。これどんな話ですかってお客さんにこれ持ってきて聞かれても水龍敬ランドですとしか答えようがありませんもの。水龍敬ランド興味あるけどちょっととっつきにくいかもって人は逆にこれ読んでからのほうが「なるほどビッチにもいろいろ思うところはあるんだな」と納得して原作にもてをだせるんじゃないかなぁと思いますので、とにかくこれはいいビッチです。気になったら気にせず買えばいいと思います。

「催眠性指導」
著:巽飛呂彦 絵:愛上陸
というわけでこちらも同人原作のノベライズ。巽先生がノベライズやるのかぁオリジナルのほうがいいなと一瞬思いましたが巽先生は過去にオリジナルで「さいみん!」シリーズを出してらっしゃるのを思い出して納得しか無いこの組み合わせ。なるほどこれはもう美少女文庫ならこのコンビにするのが最適解ですな。
ダークでディープっぽい表紙してますが、催眠ものということもありそこまで仄暗さは無いというかじわじわとヒロインの心をちんこで引き寄せてくような感じの一種の復讐劇になっています。おまけに原作にはいない美少女文庫版のオリジナルヒロインも居たりしてますが、ある意味この女教師の完墜ちがみられるのがノベライズ版の楽しみのひとつになると思います。個人的には家庭訪問の章が好きですね。学校支配モノだけど「指導」モノをはさむからこそできる母娘丼はある程度条件整えないとできないシチュかなーと思いますのでなかなか美味しい一冊になっていますよ。
ここまで読んでくれた諸君はもう3冊とも買うしか無いよね!大丈夫、三者三エロ感射感射で新チン代射活発化間違いなしダヨ!!

「魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」みに行ってきました

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
みなさん、おげんこしてますでしょうか。
私はなんとか、なんとか生きながらえております。

昨年30代に突入し、気づけばあと一か月強でさらに齢ひとつ重ねようとしている最中ではあるわけですが、ここ最近はめっきりブログを更新することもなく、ただただただただ仕事にあけくれ、コミックの仕入れをしてコミックの仕入れをしてたまに発売前の新刊ゲラ送ってもらったものの感想返信して宣伝物に本名で感想載ってたりとかまぁなんというか本当にコミックを介して仕事をするようになり1年半を超えたところです。家と会社の往復、帰って飯食ったら5分で寝てます。朝6時には家出てます。たまに東京に出張してます。新年度に入ってから公私問わず月1回以上実はいうと東京に出てたりします。これが実は9月まですでに東京に毎月行くスケジュールがどこかしらに入っているという具合です。お店に指示を出したり、新刊発注したり、売れ筋の既刊の追加発注をしたり、版元の営業さんと商談したり、発注した新刊の仕入れ部数を取次に絞られてブチ切れたり、そんな感じの600日くらいがただただ過ぎております。。。。







ブログ更新する時間ほとんど無いんじゃぁぁぁぁ
コミケ参加してもレポ書く気力というかパッションが続かなくなってるんじゃぁぁぁぁ
直近1年間の更新、ほぼ美少女文庫と八十亀ちゃんくらいですよ。悲しいのぅ。。。

…という具合にぐだぐだと言い訳を並べてみたわけですが、ふいに昔を思い出してホントに昔、ブログを楽天で書いていたころからやりとりのあった、とあるアニメの感想紹介ページにたどりついたわけですが、これがなんと間隔は以前より空きつつも更新がなにかしら続いていてしかもその熱が変わっていなかった!!思わず涙した!!

そう、あなたですよ元・Parallel Universe&現Parallel Paradiseの、になになさぁぁぁん!!
相変わらずアニメめっちゃ見てるそして熱のあるその感想、になになさんお変わりなかった…

というわけで、ちょっとギルっちもこれは忙しさ言い訳にはできんぞ〜というわけでなんか丁度いいパッションのままに雑感書けるようなものないかなぁとか思ってたりもしたんですが、4月期のアニメについてはほぼ一切視聴しておらず冗談抜きで原作コミックラノベの実売の数字しか追っていない、あえて言うならばエロマン●先生が生き残り、最初はじけたロク●なし〜は回を追うごとに落ち着いていき追加発注をしてしまったギルは各支店から責められる運命であり、いやだそんな責めないででも感じちゃうッ(ビクンビクン

・・・みたいな感じでして(どんなだよ

ここまで劣等生のさの字も入っていない(実際入ってないよ

とーにーかーくー、丁度いいこのタイミングでアニメ映画の上映が始まるのと、とある裏筋から前売り券を譲ってもらってたりした兼ね合いもあり

resize1048

見てきたわけですよ、今日から上映の劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女
やっと本題だよ!!>>続きを読む
真剣で私に恋しなさい!A-3ダウンロード販売
応援バナーなまいき1
名古屋大須ショップtwitter
ワンダーグー@wgnagoya
ソフマップ@sofmap_nagoya
とらのあな@tora_nagoya
メロンブックス@melonbooks
アニメイト@animateinfo
星野書店@hoshinosyoten
三洋堂書店@GOGO_SANYODO
当サイトはゆかり教育受講サイトです

Auther:ギル・エール
このサイトは萌特化書店員ことギル・エールがヲタクなことを書き並べていくサイトです。

このサイトについて
リンク(バナーあり)
ついったー
【ご連絡は以下のアドレスに】
mtsgilaile☆gmail.com
(☆を@に変えて下さい)
リンク
(順不同・敬称略・ジャンル不問)
アキバblog
せなか:オタロードblog
にゅーあきばどっとこむ
うらあきば.じぇいぴ〜
ジャブローの風の噂
名古屋オタクレポートとか
名古屋・大須電波ニュース
萌えよ!アキバ人ブログ
アキバHOBBY
アキバOS
究極最終兵器2ndWeapon
カトゆー家断絶
あきばらいふ
常時リソース不足
ひなたちき
よつばとフィギュア
怪人の集会所?
アスまんが劇場
アサガヲblog
爆裂王子
武士の末路
悠久なる雪月花
萌えコレ PVC FIGURE COLLECTION
シンボリ男爵の館
いやんばかんのブログ
Orange Empire -blog-
foo-bar-baz
丁dai Blog
へたれな日々
毎日後ろ向き
ガチャ萌え.com
鋼ノ専業主婦的物欲生活
TASTE
アニメ・マンガを愛する日々
CUT A NEWS
AZURE Toy-Box
萌えっとうぇぶ
To LOVEる -とらぶる- 考察
FIRSTRoN
FiNALIoN
フィギュアクリップ補足ブログ
フィギュア別レビューサイトLINK集
ace-FM
Parallel Paradise
猫鯖のパテ缶
カオスな情報置場
二次萌ガイド
萌えちゃん
二次元.com
きぶるちにっき
無限の整理事情
戦場のブログリア
穹翔ける星
ゆっかりしていってね!
とあるひのコタツガ
相撲ロボット製作部Ver.2
蒼月彩記・新装版
Key Style
メディオ!タントゥーブログ
コムロード アダルトゲームブログ
WonderGOO 名古屋大須店 非公式blog
ペーパームーン大須店ブログ
hobby-toy-web
かーずSP
ゴルゴ31
痕跡症候群
ふぇいばりっとでいず
読みゲー
気にな・る・こ・と♪
oTheRwoRld
日本視覚文化研究会
いきあたったらばったり
いつきログ
ホヒログ
たけのこの里?
everything is gone
PURE GOLD
駿河電力スク水.jp
辺境サダルスウド
ごった煮
のどか15歳
るび是好日
青空の下で
と、とごたん、でひゃうぅぅ!!
ルーチンワーク徒然草
アサガヲblog
犀の目工房
れ・ざむる〜ず
こんとんたうん
GOOD-DESIGN-REVIEW
ニトロ有線式
.30CAL CULB
figurephoto